SSブログ
前の10件 | -

おとぎ話(笑)26 [名作パロディー]

<桃太郎>

桃太郎は、サル、キジ、イヌを連れて鬼退治に行きました。
みごと鬼を成敗し、鬼の財宝を奪ってやりました。
「金銀財宝、全部持ってきてやった。これでもう悪さは出来ないだろう。は、は、は」
「あのう、桃太郎さん、上機嫌に水を差すようですが……」
「なんだ」
「舟が沈んでます」
「なんだと!いったいなぜ」
それは、鬼から奪った財宝を積んだからに違いない。
「あわわ、水が、水が~!!」
瀬戸内海の底には、今でも金銀財宝が、沈んでいるとかいないとか。。。



<王様の耳はロバの耳>

床屋は、王様の耳がロバの耳であることを知ってしまった。
厳重に口止めされたが、言いたくて仕方ない。
「そうだ、森に穴を掘って、そこに向かって言おう。穴を塞げば大丈夫さ」
床屋は森に行って穴を掘り、いざ叫ぼうとしたが思い出せない。
「はて、何の耳だったかな? 2文字の動物だったな。ウマ、サル、イヌ、ネコ、クマ。ああ、2文字の動物ってたくさんいるな」
ブタ、ゾウ、シカ、カバ……。
「あっ、カバだったかも。そうだそうだ。カバだ。確かそんな響きだった」
床屋は穴に向かって言った。
「王様の耳はカバの耳! 王様の耳はカバの耳!」
そしてそれは、どういうわけか国中に広まってしまった。
王様は大慌て。国民に向かって声明文を出した。
「カバじゃない! 私の耳はロバの耳だ!」
自分で告白しちゃった。
(床屋)「そうだ、ロバだ。ロバだった。ああ、すっきりした」



<笠じぞう>

「ただいま」
「おじいさん、おかえりなさい。あらまあ、笠が全部売れたんですね。やったー! ああ、よかった。売れなかったらどうしようと思ってましたよ」
おじいさんは、おばあさんがあんまり喜ぶものだから、全く売れなかった笠を峠の地蔵に被せたことを言えませんでした。
「それで、おじいさん、お金は?」
「ああ、金か、金は、その……」
「全部売れたならお金あるはずでしょ。早く出してくださいな」
「金は、あれだ」
「なんです?」
「で、電子マネーだ」
「ペイ?」

nice!(9)  コメント(3) 

墓前デート [男と女ストーリー]

久志のお母さんに初めて会うから、ちょっとおしゃれした。
袖がレースのブラウスと、淡いグリーンのフレアースカート。
5センチのハイヒールは買ったばかりの新品。ウキウキしながら彼の車に乗り込んだ。
「えっ、愛里ちゃんどうしたの。その服」
「だって、初めて久志のお母さんに会うんだよ。気合い入れたの」
「いつもの服で良かったんだけど。母さんに会うって言っても、墓参りだし」
「お墓参りでも何でも、初めて会うのに変わりないでしょ」
「そうだけどさ」
「何なのよ。ムカつく。あたしがこんなにおしゃれしてるのに、あんたは何? 訳わかんないキャラクターのTシャツとスウェット? 登山靴みたいなごついスニーカー。季節感ゼロじゃん。車だってしょぼい軽自動車だし、あーあ、浮かれて損した」
「ごめん。だけどさ……」
「もういい」
女心がわからない無粋な奴。それが久志。
着くまで口きかないから。

気がついたら景色が変わっている。林道で車が停車した。
「えっ、ちょっと、ここどこ? 山の中?」
「お墓は山の中腹にあるんだ。車で行けるのはここまで。ここからは徒歩で登るんだ」
「ゲッ! 何てこと!」

そこからの10分間は地獄だった。道はあるけど石と草だらけのひどい道。
買ったばかりのハイヒールは傷だらけ。スカートには変な草がくっついて取れない。
久志は登山靴だからスイスイ歩く。
「もう少しだよ。がんばれ~」って、部活の顧問か!
山の中腹の小さな墓地に着いた時には、身も心もボロボロ。
髪もブラウスも汗で張り付く。
「大丈夫?」
「大丈夫じゃないよ。こんな山登るなら、事前に言ってよ。あんたっていつも言葉足らずね」
「ごめん。だって、愛里ちゃんいつもジーパンだからさ、まさかスカートで来ると思わなかったんだ」
「悪かったわね。あームカつく。帰りも絶対口きかないから」
「ごめん。でもきっと帰りは爆睡だよ。愛里ちゃん、いつもそうだもん」

久志は持ってきたカーネーションを墓に供えて、慣れた手つきで線香に火をつけた。
マイペースな奴。ムカつくけどせっかく来たから隣りにしゃがんで手を合わせた。
「お母さん、愛里ちゃんだよ。若く見えるけど32歳なんだ」
「年齢言わなくてもいいでしょ」
「母さんの遺言通り、健康そうな人を選んだよ」
「何気に失礼なんだけど、あたしの取柄ってそれだけ?」
「よく食べるし、酒も強いんだ」
「褒めてんの? けなしてんの?」
「これから墓参りは、ずっと愛里ちゃんと一緒に来るから」
「いや勘弁してよ。毎回はきついわ」
……って、久志、耳まで真っ赤なんだけど。
「今のって、もしかしてプロポーズ? まさかね。お墓でプロポーズなんてありえない」
「ごめん。この先にすごく景色がいい展望台があってさ、そこで決めようと思ったんだけど、愛里ちゃん、その靴じゃ無理でしょ。だから、ここでいいかなって……」
「なにそれ。お母さんの墓前じゃなかったら張り倒すところだわ」
「ごめん」
ごめんばっかり言ってるな、この人。謝らせてるのは私なんだけど。

「本当にごめん。返事は、今じゃなくてもいいから」
「登山靴買って」
「えっ?」
「それが返事」

5月はカーネーション、6月はバラ、7月は桔梗、8月はひまわり。
季節の花を持って、このお墓を訪れるふたりの姿が想像できる。
だからOK。
よろしくお願いしますね、お義母さん。

nice!(6)  コメント(6) 

生存確認

「こんにちは」
嫁が来た。40過ぎてようやく結婚した息子の嫁だ。
毎週土曜日、判を押したように同じ時間に来る。
杓子定規な人で変わった人だ。
「お義母さん、週に一度の生存確認に来ました。お元気そうで何よりです」
「はいはい、生存確認ね。ご苦労さん。洋一は元気? このところ顔を見せないけど」
「洋一さんは元気です。公私ともに順調です」
「職場の挨拶みたいだね」

「お義母さん、お茶の葉を変えましたか? 深みが違いますね」
「おや、よくわかったね。ネットで取り寄せたんだ。便利な世の中だよ。若い人の世話にならなくても何でもできる。生存確認なんて必要ないんだよ」
「好きでやってることですから、お気になさらずに」
全く、何でも事務的な人だ。

「つつじがきれいですね」
「放っておいても毎年咲くよ。ありがたいね」
「あの葉っぱは、アジサイですか?」
「そうそう、あれも毎年咲くよ。きれいだよ。まるで虹の国みたいだ」
「虹の国ですか。全く想像できません」
「まあ、見ればわかるよ。来月には咲くから、生存確認のついでに見れば」
「残念ですが、それは出来ません」
「どうして?」
「近々洋一さんから報告があると思いますが、私たち離婚することになりました」
「何だって! 結婚してまだ一年も経ってないのに?」

「お義母さん、私たちは婚期を大きく過ぎてから出会いました。結婚相談所で紹介されて、恋愛もしないまま結婚しました。結婚して、社会的役割を果たしたような気がしました。つまり、それで満足してしまったんです」
「上手くいかなかったのかい。そりゃあね、暮らしてみたら色々あるさ。若くたって恋愛結婚だってそれは同じだよ」
「違うんです。洋一さんに、好きな人ができました。私と結婚した後に運命の人に出会ったんです。ちゃんと恋愛して結婚したい人に出会ったそうです」
「そんなひどい話があるかい」
「いいんです。彼は少し早まっただけです。結婚という社会的制度に振り回されて、早まったんです」
「だけどさ、あんたが不憫だよ。親が口出す年齢でもないけどさ、あんた、それでいいの?」
「お義母さん、私、離婚を切り出されたとき、そんなに悲しくなかったんです。つまり、それが答えです」
嫁は背筋を伸ばしたきれいな姿勢で、お茶を飲みほした。

「生存確認は、きちんと引き継ぎますのでご心配なく」
「どうだっていいよ、そんなこと」
嫁はゆっくり立ち上がり、庭を眺めた。
「お義母さん、短い間でしたけど、お義母さんと一緒に庭を眺める時間が好きでした。出来れば私、この家で暮らしたかったです」
「築40年のボロ屋に? あんた変わってるね」
「本当ですよ」
嫁が笑った。結婚式でも笑わなかったのに。
けっこう可愛いじゃないの。

「あのさ、生存確認は、やっぱりあんたにお願いしたいよ。せめてアジサイが咲くまではさ」
「承知しました。では、これからは嫁ではなく、茶飲み友達として伺います」
やけにすっきりした顔で、嫁は帰っていった。
歩幅が少しだけ乱れて、背中が少しだけ震えていた。
素直じゃないね。泣けばいいのに。

nice!(9)  コメント(6) 

オンライン家族 [コメディー]

パパとママがテレワークになって1年が過ぎた。
毎日家にいるのは嬉しいけれど、家が会社になったみたいで落ち着かない。
リビングを挟んで右がパパの部屋。左がママの部屋。
そして正面が僕の部屋。
だからそれぞれの声が、よく聞こえるんだよ。

パパはいつも謝ってばかり。
ママはいつも部下を叱っている。
ママの方が偉いのかな。

5時半になると、ふたりとも疲れた顔でリビングに来る。
「ああ、使えない部下、マジでしんどいわ」
「ああ、理不尽な客、一回殴りてえ」
「ズームの背景変えることより、やることあるでしょ。まったく」
「発注ミスをこっちのせいにしやがって。個数間違えたのおまえだろ!」
「あーあ、やってられない」
大人って大変だなって思いながら、僕は今日の宿題を終わらせる。

それから僕たちは、ウーバーイーツで運んでもらったご飯を食べる。
僕はハンバーガー、パパはかつ丼、ママはトマトのパスタだ。
「あんた、昨日もハンバーガーだったわね。野菜も食べなさいよ」
「そうだぞ。ハンバーガーばかり食べていると、アメリカ人になるぞ」
「don’t worry(気にしないで)」
「あら、英語うまくなったわね」
「アメリカ人になるぞ」

「あっ」とパパが立ち上がる。
「オンライン飲み会の時間だ」
「あっ」とママも立ち上がる。
「BTSのライブ配信始まっちゃう」
パパとママは、それぞれの部屋に帰っていった。

僕はパパの整髪料をちょっと借りて髪を整えて、パソコンを立ち上げた。
ネットで知り合ったアメリカ人のメアリーと、オンラインで通話するのが日課だ。

「Hi Ⅿary」
「Hi Tomoki」
「It’s cute today too(今日も可愛いね)」
「Thank you」
「I love you I miss you Ⅿary」
「Tomoki,you look like an American(ともき、あなたアメリカ人みたいね)」

あっ、僕、本当にアメリカ人になっちゃったかな。
まあ、何はともあれ、僕たち家族はオンライン生活を楽しんでいるのである。


*こんな家族、実際いるかも(笑)

nice!(8)  コメント(6) 

島育ち [公募]

私は、この島から出たことがありません。島で生まれて、島で育ちました。
母は私が小さいころに、海に身を投げて命を絶ったそうです。
長老様が教えてくれました。
それから私は、この島に育てられました。
鳥たちが魚や木の実を運んでくれて、長老様が生きる術を教えてくれました。

「長老様、あれは何?」
いつものように長老様の肩に乗って、海を眺めていたときです。
見たことのない大きな塊が、海の上を滑ってきます。
「あれは船じゃよ。珍しいな、こんな島に船が来るなんて」
船からは、見たことがない生物が下りてきました。私と同じ二本の足で歩く生物です。
私に向かって何か話しかけましたが、何を言っているのかさっぱりわかりません。
「あれは人間だ。お前と同じ人間じゃ。ようやく迎えに来たようじゃ。さあ行きなさい。人間の住む世界に帰るのじゃ」
長老様はそう言うと、私を振り落としました。
人間たちに抱えられて、私は船に乗せられました。
どんなに叫んでも抵抗しても、長老様は助けてくれませんでした。


「DNA鑑定の結果、あなたのお子さんに間違いありません」
知らせを受けた男は、十字を切って指を組んだ。神よ、まさか娘が生きていたなんて。
男の妻は出産を控えていた。
より良い環境で子供を産むために、船で大きな街に行く途中で事故に遭った。
海に投げ出された妻を捜し続けて七年が過ぎ、ある日小さな無人島で、娘だけが見つかった。
残念ながら、妻の生存は確認できなかった。
「しかしあんな小さな子供が、たったひとりでどうやって生き延びたんだ」
「はあ、木に育てられたのではないかという見解が出ています」
「木だと? そんな馬鹿な話があるか」
「あなたの娘さんは、人間の言葉がわかりません。それなのに、庭の樹木とは話せるのです。もちろん何を話しているのかわかりませんが、確かに意思の疎通があるのです」
男は思わず頭を抱えた。愛しい我が子と、どう接すればいいのだ。
しかし妻が命懸けで産んだ娘だ。大切に育てようと心に決めた。


長老様、島を離れて一年が過ぎました。毎日小さな建物の中に閉じ込められています。
窓から見える木が、唯一の友達です。
人間の言葉は少しだけ理解できるようになりました。
洋服という柔らかい布を纏うことには慣れましたが、泡だらけのお風呂に入れられて身体をゴシゴシされるのは、未だに慣れません。
人間が運んできてくれる食べ物は、信じられないくらい美味しいです。
だけど島にいたときのように手でつかむと叱られます。
たまに父親という人がやってきて、文字や言葉を教えてくれます。
彼は私を「エミリー」と呼びます。それが私の名前だそうです。
時おり私を抱きしめて「おお、エミリー、可哀想に」と泣くのです。
長老様、私は可哀想ですか? 早く島に帰りたいです。ここは息が詰まりそうです。

 
「エミリーの様子がおかしいだと?」
「はい、毎日外ばかり見て、食事もろくに食べません。島が恋しいのだと思います」
「友達が必要だな。学校へ行かせてみるか」
「それはまだ早いかと。それよりも、植物の世話を任せてみてはいかがでしょう」
カウンセラーの提案を受けて、男は庭に植物園を造った。
エミリーは一日の殆どを植物園で過ごし、木や草と会話をすることで徐々に元気を取り戻していった。

長老様、お父様が造ってくれた植物園が私の居場所になりました。
植物の中に、あの島を知っている草がいました。鳥がはるばる種を運んで来たのでしょうか。
長老様の話をしたら懐かしそうに涙ぐみました。
長老様、ここで色んな植物の話を聞くことが、私の役割のように思います。
お父様が言いました。
「それなら、文字や言葉をもっと勉強しなさい。植物のことが、よりわかるようになる」
新しい言葉を覚えると嬉しくなります。不思議です。私は今、とても楽しいのです。


「長老、何だか島が騒がしいですね」
「人間が、植物の研究に来たのじゃよ。この島は珍しい植物が多いからな」
「島が荒らされませんか?」
「大丈夫。あの女の研究員は、この島で育った娘じゃ。二十年ぶりの里帰りじゃ」
エミリーは、砂浜で大きく深呼吸したあと、島の中心に根を張る、巨大な老木に向かって走り出した。
「長老様、ただいま帰りました」


******
更新、ちょっと間があいてしまいました。(反省)
これは、公募ガイド「TO-BE小説工房」の落選作です。
課題は「島」でした。
なかなか難しかったですね。応募数も多いし。
たぶん5枚で収まる話じゃなかったんでしょうね。
「島」の解釈、いろいろあるんですね。

nice!(7)  コメント(6) 

50年後の桜 [ファンタジー]

沼田のおじいさんが生き返った話は、半世紀が過ぎた今でも語り継がれています。
葬式を終えて、まさに火葬をしようとしたそのとき、棺から声がしました。
開けてみると死んだはずの沼田のおじいさんが、パッチリ目を開けていたのです。
沼田のおじいさんはその日から一週間生きて、今度こそ本当に逝きました。
私は生まれたばかりだったので実際に見たわけではないけれど、奇跡の生還と話題になり、テレビ局まで来たそうです。

そしてあれから50年。
50歳になった私は、この春母を看取りました。
葬儀を済ませ、いざ火葬というまさにその時、棺から声が聞こえたのです。
「開けてちょうだい」
私たちは顔を見合わせました。
棺を開けると、母はたった今眠りから覚めたように欠伸をして起き上がりました。
「沼田のじいさんの時と同じだ」
「50年後にまた奇跡が起こったぞ」
当時を知っている老人たちが、手を叩いて喜びました。

沼田のおじいさんと一緒だとしたら、母は一週間後に再び逝ってしまいます。
私は、仕事がある夫と息子を帰して、実家に残ることにしました。
「お母さん、気分はどう?」
「病気になる前に戻ったみたいだ。とても調子がいいよ」
「じゃあ、散歩でも行こう。桜が満開よ」
私は、最期の一週間を母と過ごしました。
川岸に咲く桜、遊歩道の桜並木、海が見下ろせる丘の一本桜。
はらはらと雪のように舞う桜吹雪を二人で眺め、母との時間を心に刻みました。
そして母は、その夜静かに2度目の息を引き取りました。

沼田のおじいさんと母が、同じ病院で亡くなったことを知ったのは、四十九日を終えた頃でした。線香をあげに来てくれた、沼田のおばさんが言ったのです。沼田のおじいさんの娘さんです。
「50年も前のことだからうろ覚えだけど、あの病院の2階の角部屋だったのよ」
母の病室も、2階の角部屋でした。
「建て替えしてるけど、窓から見える景色はさほど変わってないのよ。ほら、古い桜の木があるでしょう。ちょうど窓から見えるのよ」
「ああ、そういえば、母はいつも言っていました。満開の桜が見たいって」
「私の父もそうだったわ。だからね、あの桜の木が命をくれたんじゃないかって思うの。だって桜が散った夜、父は逝ったのよ。あなたのお母さんもそうでしょう?」
桜がくれた命、桜がくれた時間。
そんな奇跡もあるかもしれないと、春が来るたび思います。

そしてさらに50年後。
私は今、100年の人生に幕を下ろそうとしています。
奇しくも、沼田のおじいさんと母が亡くなった病院の角部屋です。
窓から見える桜はまだ2分咲き。ああ、満開の桜が見たいです。
ぼんやりした頭に、お医者様の声が聞こえます。
「ああ、どうも。〇〇病院です。お母さまが危篤なんですが、今どちらですか? ああ、宇宙旅行中ですか。いつ頃お帰りの予定ですか? 一週間後ですか。ではそれまで延命措置をしておきますね。どんなにテレパシーの技術が進んでも、臨終には直接立ち会いたいですよね。では一週間ほど延命させていただきます。ちょうどそのころ、桜が満開ですよ」

時代は変わりました。医療はどんどん進化しています。
生きてる間に満開の桜が見られそうです。
でもね、何だかむなしいです。
満開の桜は見たいけど、そういうことじゃないのよね。

KIMG1921.JPG
今年の桜、早すぎません?

nice!(8)  コメント(8) 

くもり空のむこう(空見の日) [競作]

毎年恒例
もぐらさんの呼びかけで、本日は「空見の日」です。
みんなで同じ日に空を見上げよう という企画です。
今日は、どよ~んとした曇り空。

KIMG1903.JPG

お墓参りの後に撮った空。
大仏様が、ひときわ大きい。

KIMG1904.JPG

桜の木と大仏様。
満開になったらきれいだろうな。


短いお話を一つ。
『くもり空のむこう』

どんよりしてるな。
くもり空って、見てると瞼が重くなるな。
眠くなってきた。
いけないいけない。仕事をしなくちゃ。
早いところ仕事を片付けて、墓参りに行くんだ。
ろくな親父じゃなかったけどさ、死んだらみんな仏様だ。

ああ、それにしても眠いな。ちょっとだけ寝るか。
10分の仮眠で効率が上がるって聞いたことがあるぞ。
よいしょっと。
なんだなんだ、このロッキングチェアー、揺れ方が神だ。
気持ちいいな。
5分で起きよう。5分だけ。5分だけ……。

「ちょっと君、起きなさい」
えっ、ああ、すっかり寝ちまった。あんた誰?
け、警察? 不法侵入で逮捕って、あ、あれ?
この家の人って、朝まで帰ってこないんじゃ……。
は、8時? 朝の8時?
ああ~~~、寝すぎた~

「ご主人、何か盗られたものはありませんか?」
「いいえ、何も盗まれていません」
そりゃそうだろうよ。まだ仕事前だ。
あっ、これって、窃盗罪は免れるってことか?
まあ、前科があるからただでは済まないだろうな。
これに懲りて真っ当に生きろってことか。
そういえば、くもり空の向こうに親父の顔が見えた気がしたぜ。

墓参りはしばらく行けねえな。


みなさんの空は、どんな空でしたか。


nice!(10)  コメント(6) 

消滅 [ミステリー?]

久しぶり。20年ぶりくらいかな。
まさか淳史くんが同窓会に来てくれるなんて思わなかった。
ほら、淳史くん卒業前に東京に行っちゃったでしょう。
だから名簿に載っていないのよ。フェイスブックで見つけたときは飛び上がったわ。
ねえ、ちょっと太った? 貫禄あるよ。
やめてよ。淳史くんがおじさんなら、私だっておばさんだよ。
結婚は? へえ、子どもが二人。私はね、バツイチ。
淳史くんと別れた……っていうか、自然消滅した後、親が決めた人と結婚したの。
うまくいかなかったな。そりゃそうだよ。好きじゃなかったもん。
あの頃はね、自暴自棄になってたな。
もう遠い昔の話だけどね。
ねえ、淳史くん、同窓会の後、時間ある?
違う、違う。そういうんじゃないよ。
ほら、神社の桜の木、憶えてる?
あの下に、埋めたじゃないの。何をって、お金よ。
ふたりで貯めて、お地蔵さんの下に隠していたじゃないの。
いつか絶対一緒になろうって。
お金が貯まったら東京に行って淳史くんと暮らすって、本気で思ってたんだよね。
ねえ、掘りに行ってみようよ。今もあのままだよ。
ふたりで貯めたお金なんだからさ、ふたりで分けよう。


この町で暮らしたのは、高校の3年間だけだ。
親の都合で卒業前に東京に帰ることになったけど。
明日香とは2年間付き合った。すごくピュアな恋をしていた。
本気で将来を考えたりもしたけど、明日香の親が東京行きを許さなかった。
それで、自然消滅。まあ、初恋なんてそんなもんだろう。
明日香はすっかり田舎のおばさんだ。太ったのはお互い様だな。
ふたりで貯めたお金のことなんて、今の今まで忘れていた。
でもまあ、金はあっても困らないし、話のタネに行ってみることにした。
暗いな。田舎の夜ってこんなに暗いんだ。
神社の桜の木、懐かしいな。
お堂の軒先で、明日香と飽きるまで話した日を、なぜか鮮明に思い出す。
そうだ。桜の木の後ろに、小さな地蔵が5つ並んでいて、右から2番目の地蔵の下に金が入った缶を埋めたんだ。ずいぶん可愛いことをしていたんだな。

明日香が、草むらからスコップを持ってきた。そんな大きなスコップ必要か?
地蔵をずらして掘る。掘る。掘る。あれ、何もない。
おい、明日香、何もないぞ。
あれ? 明日香が、はるか上から俺を見下ろしている。
そんなバカな。いつの間にこんなに深く掘ったのだろう。
やけに青い月が、冷たい顔を照らした。
「ごめん、淳史くん。ふたりで貯めたお金、使っちゃった。そのお金で私、東京に行ったんだよ。すべて捨てる覚悟で行ったのに、淳史くん、別の女と暮らしてたよね」
えっ、連絡途絶えてただろ。俺たち、自然消滅だっただろ。
「さよなら」って、待ってくれ。足が埋まって出られないんだ。
助けてくれ。明日香、おい、明日香。


淳史くん、私の恋は、消滅してないよ。
明日の朝、また会いに来るね。飽きるまで話そうよ。あの頃みたいにね。

nice!(6)  コメント(6) 

マスクを外せば [公募]

大学付近にやたらと貼ってある、指名手配犯の写真。
一緒に歩く友達が立ち止まって、僕と指名手配犯を交互に見た。
「なあ、この犯人、ヨシキに似てねえ?」
「本当だ。眉毛と目元がそっくり」
言われてみれば似ている。太い眉と一重の目。
それ以来そこを通るたび、「おまえ、何やったんだよ」とからかわれた。
「ハート泥棒」などとふざけていたのは、去年までの話だ。

世界中に広まったウイルスの影響で、出かけるときはマスクをかけることが当たり前になった。
マスクをかけて鼻から下を隠すと、あの指名手配犯と瓜二つになってしまった。
一体どんな悪いことをしたのか、指名手配犯の写真は街中に貼られている。
僕とすれ違う時、ひそひそ声で話す女性や、ぎょっとした顔で目を背けるサラリーマンに、「違いますよ」とマスクを外して見せるわけにもいかない。
ただ足早に通り過ぎる。まるで怪しい人みたいだ。

バイト先に警察が来たこともあった。誰かが通報したのだろう。
マスクを外すと別人だからすぐに誤解は解けるけれど、こんなことが続くのは勘弁してほしい。
ウイルスの感染はなかなか収まらない。マスクは必需品だ。

いっそ前髪で眉と目を隠してしまおうと伸ばし始めたら、「前髪がウザい」と、美容師の姉にあっさり切られてしまった。
そこで僕は考えた。眉を細くしたらどうだろう。
自分でやったら絶対に失敗するから、姉に頼んだ。
「眉を細くするの? あんたも色気づいてきたのね。まあいいわ。やってあげる」
姉は小さな眉用のはさみと毛抜きと剃刀で、丁寧に僕の眉をカットした。
「へえ、いいじゃない。男前になったわよ」
「そうかな」
「ねえ、髪の色も変えてみなよ。冒険できるのって、学生のうちだけだよ」
髪の毛で冒険をしたいなどと思ったことはないけれど、姉はもうその気になっていて、半ば強引に、金色に近い茶髪にされた。
「やだ、イケるじゃん。ちょっとお母さん、ヨシキが渋谷系のイケメンになったよ」
母が来て「あら本当だ。目が二重だったらジャニーズに入れるわね」と目を細めた。
「そうね。じゃあ二重にしよう」
「いや、さすがに整形は……」
「ばかね。整形しなくても二重になるわよ。そこら辺の女子高生、みんなやってるわ」
僕の目は、テープで簡単に二重になった。
「あらヨシキ、あんた今なら彼女出来るんじゃないの? 彼女いない歴二十一年に終止符打てるかもよ」
「でもマスクは外しちゃだめよ。鼻から下は未開発ゾーンだからね」
「そうそう、マスクしたまま告白するのよ」
母と姉にからかわれて「余計なお世話だよ」と言いながらバイトに出かけた。

「えっ、ヨシキ君? 急にカッコよくなっちゃってどうしたの?」
バイト先のカフェで、僕は初めてモテた。
女性客がひそひそ声で「あの人カッコよくない?」と囁いている。
こんなことはもちろん初めてだ。
そして僕はその日初めて、OL風の美人の客から「ねえ、仕事いつ終わる?」と熱い視線を投げかけられた。
「いいお店があるんだけど、この後どう?」
もちろん「はい」と即答。お母さん、姉ちゃん、マジで本当に彼女出来ちゃうかも。

彼女に連れていかれたのは、路地裏の小さなバーだ。
こんな店入ったことがない。しかも常連しか行かないような店で入りづらい。
尻込みする僕の背中を彼女が押した。薄暗い店内には数人の客がいた。
彼女は常連らしく、マスターらしき男と気軽に挨拶を交わした。

「ねえ、あの奥にいるバーテンを見て。君に似てない? カフェで君を見たとき、ソックリだから驚いたわ。面白そうだから、会わせてみたかったの」
奥にいるうつむき加減の男は、僕と似たような髪色で、似たような眉だった。
「あの人の二重瞼、絶対整形だと思うんだよね。私わかるんだ。会社にも、連休明けに二重になる人が結構いるのよ」
髪を染めて眉をカットして目を二重に整形? 
それで僕に似ているということは、まさか、あのバーテン……。

カウンターの椅子に座りかけたタイミングで、刑事が店に入ってきた。
誰かが通報したのだろうか。刑事は指名手配犯の名前を叫んだ。
思わず振り向いた僕と、焦った顔のバーテンを、交互に見ながら刑事が言った。
「えっ、どっち?」
僕はすかさずマスクを外した。
刑事は逃げようとするバーテンを羽交い絞めにして、忌々しい指名手配犯はようやく捕まった。
「ああ、よかった」と笑いかけた僕を見て、彼女がひどくがっかりした顔をした。

ああ、お母さん、姉ちゃん、マスク外しちゃったよ。やっぱり彼女は、まだ無理だ。

****
公募ガイド「TO-BE小説工房」の落選作…と思ったら、選外佳作でした。
課題はマスク。タイムリーなテーマですね。
マスクを外せる日は来るのでしょうか。

nice!(9)  コメント(6) 

過去に戻れたら、の話 [SF]

職場の飲み会で、タイムトラベルの話が出た。
「過去に戻れるとしたら、いつに戻りたい?」
SF好きの課長を囲んで、そんな話で盛り上がった。
「そりゃあ10代ですよね。青春時代に戻りたいな」
「あたしはダンナに出会う前に戻りたいわ。もう一人候補がいたのよ」
「俺は小学生からやり直したいな。あの頃から英語をやってりゃ苦労しなかったな」
みんな盛り上がっているけど、正直あまり興味がない。
子供の頃から入退院を繰り返していたから、あまりいい思い出がない。
今が一番いい。だからあえて話に加わらなかった。

家が遠いから、みんなより先に店を出た。
歩き始めると、後ろから知らない男に声をかけられた。
「すみません。駅まで行くんですか?」
何だ、こいつ。ナンパか? 無視をしたけど、男は隣に並んで歩き始めた。
「不躾ですけど、あなたたちの話が聞こえてしまって。ほら、過去に戻れたらって話。それで俺、考えたんだよね。戻りたいのはいつだろうって」
ヒマ人だな。そういえば、ひとりでチビチビ飲んでたやつが後ろの席にいたな。
「俺、10歳の頃に戻りたいんだよね。あの頃、傷つけちゃった女の子がいてさ」
子供なんてみんな残酷だ。平気で人を傷つける。
「近所に足の悪い子がいてね、歩き方が変だから、みんなにからかわれてたんだ。俺は家が近所だったから、その子のお母さんに頼まれて一緒に学校に行ってた。ふたりのときは並んで歩いたけどさ、同級生に会うと恥ずかしくて、わざと早く歩いた。のろまだな、早く歩けよ、なんてひどい言葉を浴びせた。その子は顔を赤くして、必死で歩いていたんだ」
「ふうん」あっ、思わず相槌しちゃった。

「その女の子、しばらくして入院してさ、それっきり学校に来なかった。どうしてもっと優しくしなかったのかな。もし過去に戻れたら、あの頃の俺を叱りつける。そして彼女が元気かどうかを確かめるんだ」
「安っぽいドラマみたいですね。でもね、そんなに気にしなくてもいいと思いますよ。その子だってどうせ覚えてないですよ」
「そうかな」
車のライトが、男の横顔を照らす。
そうか。この人、駿くんだ。近所に住んでた2つ上の男の子。
ふたりのときは優しくて、誰かに会うと急に冷たくなった二重人格の駿くんだ。
よく見れば面影あるな。

私だと知って声をかけたのかな?
そんなはずはない。わかるはずがない。
20年も経っているし、何度かの手術で私の足はすっかり治っている。

「ねえ、どうして私に声をかけたの?」
駿くんは、頭を掻きながら言った。
「実はさ、あの店に入ろうとしたとき、初老の男性に声をかけられたんだ。ピンクのカーデガンの女性が店を出たら、すぐに追いかけて話しかけろって。そうしないと一生後悔するぞって」
「なにそれ」
「もしかしたら、未来の俺だったのかな。過去に戻って忠告に来たとか」
「非現実的ね。相変わらず単細胞だな、駿くんは」
「えっ? 何で俺の名前知ってるの?」
「さあね」


あれから30年。
巷では、過去に戻れるタイムマシンの開発が大詰めを迎えていると大騒ぎ。
夢物語が現実になろうとしている。
過去に行けたら、私は8歳の自分に会いに行こう。
いつも泣いていた、寂しい私に会いに行こう。
「あなたの足は必ず治るよ。それからね、駿くんは優しい子だよ。20年後に再会して、あなたと駿くんは結婚するのよ」
うーん。やっぱりこれは、言わない方がいいかもね。
あれ、そもそもあの再会って偶然だったのかしら。ねえ、あなた。


nice!(10)  コメント(4) 
前の10件 | -