SSブログ

肝試し(怪談) [競作]

夏祭りが近付くと、わたしは嫌でもあの日を思い出す。
足元にまとわりつく生温かい風と、冷たい墓石の感触を忘れたことはなかった。

小学5年の夏休み。
夏祭りの日だけは、子供だけで夜まで遊べる。
わたしたち近所の6人組は、祭りが終わる時間まで遊び、テンションが高いまま夜道を歩いていた。

「肝試しをやろうよ」
と誰かが言い出した。
2人1組になって、お墓を一周しようというのだ。
「いちばん奥の墓石を触って帰ってくるんだ」

怖がりのわたしは反対したけれど、他の子はみんな乗り気で結局押し切られてしまった。
わたしは、いちばん小さな3年生のショウタと組むことになった。

最初に行った2人が、奇声を上げながら帰ってきて、次のふたりも「全然平気さ」と言いながら帰ってきた。

そして、わたしたちの番。
ショウタは、「怖いよ~」と言いながら、ずっとわたしのTシャツの裾を摑んでいた。
「大丈夫だよ。幽霊なんていないから」
とわたしは無理して強がり、先へ進んだ。

お墓の中央まで来て、私とショウタはいちばん奥の墓石に触れた。
冷たい感触が手のひらに残った。
あとは引き返すだけだった。

ところが歩いても歩いても、出口がなかった。
ショウタは「おねえちゃん、怖いよ」と繰り返し、さらに強くわたしのTシャツの裾を摑んだ。

生温かい風が足元を吹きぬけ、カラスが不気味な声で鳴いた。
「おねえちゃん、今 あのお墓が動いたよ」
ショウタが古い墓石を指さした。
「ショウタ、変なこと言わないで」
「本当だもん。動いたもん。ゾンビだ、ゾンビが出てくるんだ」
「やめてよ!」
わたしは思わずショウタの手を振りほどいた。
ショウタは「わーっ」と叫びながら、ひとりで暗闇を走って行ってしまった。

「ショウタ、待ってよ!」
置いていかないで…今までの強がっていた気持ちが一気に崩れた。
わたしは泣きながら無我夢中で走り、ようやく出口にたどりついた。

「遅かったな」
「大丈夫か?」
泣きじゃくるわたしに、みんなが次々声をかけた。
そして後ろからショウタがおずおずと顔を出し
「そんなに怖かったの?」と聞いた。

「怖いに決まってるじゃん!
あんたが変なこと言い出して、おまけにひとりで先に行っちゃうなんてひどいよ。
ばかショウタ!」
わたしは泣きながらショウタの肩を叩いた。
ショウタはキョトンとして言った。

「ぼく行ってないよ」
「え?」

「ショウタは間際になって、やっぱり怖いからやめるって、肝試しには行かなかったんだよ」
「そうだよ。お前はひとりで行ったんだよ」
「女なのに度胸があるなって、みんなで言ってたんだ」
ウソを言ってるようには見えなかった。

背筋がゾクッとした。
わたしといっしょに歩いていたのは、いったい誰だったの?

わたしのTシャツには、小さな手が握りしめた跡が、はっきり残っていた。
あの時、手をふりほどかなければ、わたしは永遠に墓場から出られなかったかもしれない。


******
舞さんからお題を頂いた競作です。
今回のテーマは怪談。
ヴァッキーノさん、矢菱虎犇さんも参加されています。

今から肝試しを計画しているあなた、この話を思い出せば涼が増すと思いますよ。

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
nice!(9)  コメント(18)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 18

ヴァッキーノ

怪談といえば、やっぱ肝試しでしょ!
ボクは子供の頃、寺町に住んでいたので、家のまわりが全部お寺だったんです。
それで、夏は暑いからって窓を開けると、お墓がロケーションなわけです(笑)
お盆になると、部屋が線香臭くなりました。
もちろん、町内子供会のお祭りは肝試し。
ボクはお墓のうしろに隠れて、脅かす役です。
こんな環境でも、幽霊は一度も見たことありませんでしたあ!
by ヴァッキーノ (2010-07-24 19:26) 

矢菱虎犇

肝試しって怖いですねぇ
僕も幽霊は見たことがないし、全然信じていないんですけど、
肝試しはやっぱり怖いです。
僕の実家も墓地の近くにあるんです。
あんまり近いと、遊んだり犬の散歩したりする生活圏なので、夜の墓地も全然怖くないんです。
でも、肝試しって名前がつくと、それだけで怖かったですねぇ~
by 矢菱虎犇 (2010-07-24 21:00) 

リンさん

<ヴァッキーノさん>
うわ~!ヴァッキーノさんお化け役だったんですね。
子供の頃って、強がって「怖くないよ」と言う子が多かったですね。
私も「全然平気」と言いながら、心臓バクバクだったこと、思い出しました。
by リンさん (2010-07-24 21:02) 

リンさん

< 矢菱さん>
肝試しも、お化け屋敷のように作られたコースならいいですが、お墓は嫌ですよね~。
子供が小さい頃、子供会であったんですよ。お墓の肝試し。
うちの子は泣きながら帰ってきましたから。
何も出なくても怖いですよね。
by リンさん (2010-07-24 22:26) 

舞

こわ~~~~!!!!!
もう、りんさんのもリンクするのは嫌ですぅ><。。。
ヴァッキーのも怖かったけど。
思わず叫びそうなくらい怖かったですよ~

これから書く私はどうしたらいいのかしら(。。;

とはいえ……リンク貼らせていただきました。

by (2010-07-24 22:41) 

ia.

こんばんは。お久しぶりです。
肝試し中に「おねえちゃん、今 あのお墓が動いたよ」って囁かれたら、この上なく怖いですよね。
おまけにそれが……ああっ!もう、怖すぎです~!
りんさん、「あんまり怖いのは書けないかも」って言ってたじゃないですか~!ウソつきぃ~!(笑)
みなさん、本当に迫力がありますね。
怖がりのクセに怖い話が好きなので色々読めて楽しいです。
by ia. (2010-07-24 23:25) 

レイバック

こんばんは。
ぞくぞくっときましたよぉー。
あやうく冥界に引き込まれパターンですね。
夏祭りの夜に心沸き立つ子供たち、
のぼせすぎて幻覚を見たのかなぁ。
夏らしいすてきな怪談だったと思います。

by レイバック (2010-07-25 00:35) 

もぐら

りんさん 怖いですよ~(>_<)ヽ
でも 子供らしい肝試しで、本格的な怪談を仕上げるなんて
さすが りんさん。
でも怪談の場合 子供の手って大人の手より怖くないですか?
しかも掴んで放さないっていうのがより恐怖を増してます。

みなさんの競作も楽しみです。
教えてくださって ありがとうございます。(^-^)
by もぐら (2010-07-25 16:43) 

リンさん

< 舞さん>
いつもありがとうございます。
怖がっていただけてよかったです。
全然怖くないじゃんって言われたらどうしようかと思いました。

いろんな怪談があって面白いですね。
by リンさん (2010-07-25 23:19) 

リンさん

<iaさん>
ありがとうございます。
私も怖がりのくせに、心霊特集とか見ちゃうんですよ。
でも不思議と、自分で書くと怖くないんですね。
iaさんの怪談も、楽しみにしていますよ~。
by リンさん (2010-07-25 23:21) 

リンさん

<レイバックさん>
ありがとうございます。
ゾクゾクっとしていただけて嬉しいです。
子供達の賑やかな声に、幼い霊が出てきちゃったのかもしれませんね。
夏の夜って、特別な感じがしますからね。

by リンさん (2010-07-25 23:28) 

リンさん

<もぐらさん>
そうなんです!
子供の手がTシャツを摑んでいるところが肝なんです。
みなさんに怖がっていただけてよかったです。

他の方の怪談も楽しみですね。
by リンさん (2010-07-25 23:32) 

NORIJI

リンさん!
キャンプ行って来ました。
毎年肝試ししていたんですけど、去年、ご近所から苦情があったらしく。今年はやりませんでした・・・。

そういう時、こういう怪談話もいいですね。

by NORIJI (2010-07-25 23:50) 

銀河径一郎

これまた、怖~い肝試しですね。

はっきりと怖い被害があるのではなくて、あれは
一体誰だったんだっていう結末に運んだのがすごい!
まさに「肝試し」という題にぴったりな巧みな展開で
感心しました!


by 銀河径一郎 (2010-07-26 12:43) 

リンさん

<NORIKIさん>
お帰りなさい~。
キャンプ場で怪談って、怖そうですね。
トイレ行けなくなっちゃう!!
by リンさん (2010-07-27 23:18) 

リンさん

<銀河径一郎さん>
ありがとうございます。
怪談のお題をいただいて、真っ先に浮かんだのが肝試しだったんです。
怖いと言ってもらえてよかった~
by リンさん (2010-07-27 23:22) 

佳(Kei)

はじめまして。当方のおはなしにコメントありがとうございました<(_ _)>

まさに王道といった感じですね☆
こういう、あとでゾクっとくるのは、大好きです。
私のは...はい、へなちょこです...(#/__)/ドテ
by 佳(Kei) (2010-07-28 10:31) 

リンさん

<佳さん>
ありがとうございます。
みなさんの怪談話、それぞれ面白いですね。
佳さんのは、ほのぼの系で面白かったです。
たまに競作やってますので、またご一緒に楽しみましょうね。
by リンさん (2010-07-28 21:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0