So-net無料ブログ作成

黒い財布と3人の男 [コメディー]

午前中の診療が終わった病院の待合室。
会計を待つ3人の患者が、ぽつりぽつりと座っている。

通りかかった看護師が、黒い財布を拾い上げた。
大金が入っていそうな太った財布だ。
「どなたか、財布を落としませんでしたか」
財布をかざすと、「俺のだ」と男が手を上げた。
その後ろで、別の男が手を上げた「いや、俺のだ」
2列離れた席にいた別の男も手を上げた。
「俺の財布だ」

「ひとつの財布に持ち主が3人? みなさん、本当に自分のですか? 鞄やポケットに財布、入ってませんか?」
「ないよ。だってそこに落としたんだ」
「落としたのは俺だ。さっき会計をしたときに落としたんだ」
「いや、俺のだ。間違いない」

「うーん、仕方ないですね。じゃあ、中身を確認します。保険証とか入っているかもしれないでしょう。いいですね、開けますよ」
看護師が財布を開けると、金は一円も入っていない。
レシートとクーポン券がどっさり入った財布だった。
それを見た3人の男は、「俺のじゃなかった」と口々に言った。
「よく探したらあったよ。似てたから間違えちゃった」
3人は、金が入っていないと分かった途端、白々しく笑った。

看護師は、財布を見ながら目を潤ませた。
「可哀想ですね。この財布の持ち主さん。だって一円もないんですよ。病院の費用を払ったらお金が無くなってしまったんだわ。可哀想。病気なのに、明日の食費にも困っているんじゃないかしら」
看護師はポロポロと泣きながら、ポケットから自分の千円札を出して財布に入れた。
「私にはこのくらいのことしか出来ないけれど、この財布の持ち主のために千円寄付します。だって取りに来たときに、ないと思っていたお金が入っていたら嬉しいじゃないですか。きっと生きる希望になるはずよ。そう思いませんか?」
3人の男は顔を見合わせた。
「看護師さん、あんた優しいな。そうだよな。人間は助け合って生きるもんだ。俺も千円入れてやる」
3人の男は自分の財布から千円を出すと、黒い財布に押し込んだ。
「ありがとうございます。財布の持ち主が現れたら、みなさんのこと、話しておきますね」
「いやいや、こういうことは黙ってやるから価値があるんだ。ああ、いいことをしたら気分がいいな。どうです、みなさん、この先に昼からやってる小料理屋があるんですが、一杯やりませんか」
「いいですな。血圧も正常だったし、行きますか」
「賛成。塩分控えめの食事ばかりでウンザリだったから、たまにはいいか」
3人は意気投合して帰っていった。

看護師はナースステーションに戻ると、後輩のナースに声をかけた。
「三千円ゲットしたからランチ行かない?」
「先輩、またやったんですか。いい加減、捕まりますよ」
「いいじゃない。みんないい気分で帰るんだから。これも治療の一環よ」
看護師は笑いながら、黒い財布をポケットに入れた。

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
nice!(10)  コメント(8) 

双子の老婆 [ミステリー?]

同じ町内に、双子のおばあさんがいる。
「親も間違えるほどソックリなの」という二人は、本当によく似ている。
名前はスミさんとレミさんだ。
双子といっても、大人になれば個性が出てくるものだと思うが、この二人は本当にソックリだ。きっと生き方が似ているせいだろう。
ともに同じ時期に結婚したが、子どもが出来ず、それが理由で離縁された。
それから二人は、同じ家で一緒に暮らしている。今年で85歳になる。
私はボランティアでお年寄りの世話をしていて、スミさんとレミさんの家にも2年前から通っている。

「こんにちはスミさん。お弁当を届けに来たわよ」
「あら、どうも。いつも悪いね」
「レミさんはお留守ですか?」
「買い物に行ってるよ。あんた、よく見分けがつくね」
「わかりますよ。頬にホクロがある方がスミさん。もう2年も通ってるんですよ。このまえはスミさんがお買い物で留守でしたね」
「交代で買い物に行っているからね。タイミングが合わないんだよ」
「じゃあ次は絶対、二人そろっているときに来ますね」
ここ数カ月、決まってどちらかが出かけている。
どことなく奇妙な雰囲気を感じながら、いつもどおりに振る舞っていた。

数日後のことだ。ひょっこり寄ったら、レミさんが熱を出して寝込んでいた。
こんな時でさえ、スミさんはいなかった。
急いで薬を飲ませて、おかゆを作って看病した。
料理を作りながら不審に思った。
茶碗も湯呑も、冷蔵庫の食材も、一人分しか使われていない。
何かがおかしいと思いながらも、薬で落ち着いたレミさんに安心して帰った。

翌日、再び訪ねると、やはりレミさん一人だった。
「昨日はありがとう。すっかり治ったよ」
「よかったわ。ところで、スミさんはどうしたんです? 昨日もいなかったけど」
「ああ、あのね、年甲斐もなくケンカしてね、出て行ったのよ」
「出て行くって、どこに行くんです?」
「さあ、ほとぼりが冷めたら帰ってくるさ」

週末、いつものようにお弁当を届けに行くと、スミさんがいた。レミさんはいない。
「あら、スミさん帰ってきたんですね。よかった。それでレミさんは? まさか今度はレミさんが出て行っちゃたとか?」
「買い物だよ」
「次は二人がそろったときに来たいんですけど、いつならいます?」
「だからいつもいるよ。タイミングが悪いんだよ」
「ところでスミさん」
「なに?」
「ホクロの場所が左右逆ですよ」
スミさんが慌てて鏡を見る。やっぱり、この人はレミさんだ。
「ホクロの場所、合ってるじゃないか。あんた、あたしを嵌めたね」
「レミさん、ホクロを書いて、ずっと一人二役をやってたんですね。スミさんはどこに行ったんです?」
「死んだよ。将来を悲観して海に身を投げたんだ。3か月前だよ」
「なんてこと。じゃあどうしてスミさんの振りを?」
「死んだとわかったら、年金がもらえないじゃないか。遺体は見つかってないんだ。あたしはね、スミの分まで楽しく生きてやるんだよ」
「レミさん、それ犯罪ですよ」
「あんたは年寄りの見方だろう。見逃しておくれよ」

海に身を投げたって本当だろうか。あの二人、実はあまり仲良くなかった。
私は、1年前に交わしたスミさんとの会話を思い出していた。
「あんたは信用できる人だから、あたしの財産を預けておくよ。あたしたちは双子だけど性格は全然違う。レミは浪費家だから金の管理は任せられない。あたしが先に死んだら、葬式代に使って欲しいんだよ。もちろんレミには内緒だよ」
葬式はしないのだから、あのお金は私がもらっていいのかな。
そうよね、だってスミさんは生きてることになっているんだもの。

そんなことを思いながら、もう二度と訪れることはないレミさんの家を後にした。 

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
nice!(7)  コメント(6) 

TO-BE 久々の最優秀 [公募]

公募ガイド「TO-BE小説工房」で久しぶりの最優秀をいただきました。
5回目です。
すごく嬉しかったです。

今回のテーマは「窓」
作品タイトルは「ネコが逃げた」です。
ちょうどネコを飼い始めたころに書いたので、すぐに話が浮かんで30分くらいで書き上げました。
書いてて楽しかったです。
そういう方が、いい結果につながるのかも。

作品は、公募ガイド10月号に載っています。
よかったら読んでみて下さいね。

KIMG1215.JPG

賞金でレイちゃんのご飯でも買うか(笑)

最近、いろいろな公募に挑戦してみようかなと思っていて、なかなかブログが更新できなかったのですが、久々にいい報告ができてよかったです。

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
nice!(9)  コメント(12)